迷える子羊ってみましたw

あるところに占いさんがいました。
彼の鼻は桁違いに大きく、その人相は鼻眼鏡のようだったので、人々は恐れとか笑い(プ とか色々なものをこめて,それはそれは面白おかしくかたりついでいました。

「ワタシ、カエッテキタネ。」
クラブ部屋(@不倫の夢)のなかに、懐かしい声が響きます。はっとして振り返ると、・・・。
初めてみる光景にびっくりしておもわず本音をくちばしる一同。

あやしい笑みを浮かべてなにやら口走っている人がいます。
おもむろに地べたに座ると、あれこれかぶったりはやしたりしはじめました。
なぜか目線が淡麗ちゃにむいてるのがきになります。
いつもならぴりりとめてお氏のツッコミがはいるのですが、今日はありません。いくらほど渡されたのか気になります。

カタコトで話しかける怪しい人物。誰もその正体はわかりません。ぁゃしぃ・・・とか思いながらも、ついつい並んでしまうのは人の性。しかたありません。

人のきもちというのはうつろいやすいもの。
ここにいい証拠写真があります。
「いけない><」とわかっていても、心の隙間に吹き込む隙間風。
見事な実例を表してくれたのは運否天賦アイドル淡麗さw
一枚目と二枚目の心の移り変わる様をごらんください。

1.建前
2.本音
人は心が弱ってるときほどあれこれ頼るものをさがしてしまいがちです。よぉぉぉく冷静に考えたら、このベールには見覚えがあるはずなのに、若さゆえのあやまちか、気づくことができない淡麗ちゃ。

彼の一途な気持ちがよくわかる一枚です。
何があったのかは、「     」をご覧ください。

彼の春は、きっと近いディス。
不幸せなの?
引退式
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー